コラム

緑内障の点眼治療について

眼圧検査、OCT検査や視野検査などで「緑内障」と診断されると、眼圧を下げる作用のある目薬が出されます。緑内障では、眼圧を下げる事が、その病気の進行を抑える唯一のエビデンス(データによって客観的に証明されたこと)なのです。初期の緑内障では全く自覚症状がなく、ドックや健康診断で偶然見つかったりします。我々は、緑内障について十分説明をして治療が始まるのですが、いつしか来院が途絶えている患者さんもおられます。それはいったいどうしてでしょう。

2010年9月に行われた緑内障に関するあるアンケートがあります。患者さんが受診をやめてしまった理由として、以下のようなものがありました。

  • 特に悪くなる気配がないから。
  • 眼圧が下がったから、(下がった時点で)もう目薬の必要はないと思ったから。
  • 通院を続けるのが億劫だから。
  • 仕事で忙しくて受診する暇がないから。
  • 治療をしてもよくなる気配がないから。
  • 今より良くなることはありませんと言われたから。
  • 経済的に、目薬代が負担で、苦しかったから。
  • 他の病気が悪くなり眼科へは行けなくなったから。

などがあります。

いずれも、そうだろうなと思いました。緑内障は痛くも痒くもありません。初期には視力も良好です。緑内障は視野に異常が出て、暗点という見えない場所が生じます。しかし、普通我々は両眼で物を見ているので、両眼の視野を重ね合わせて見ています。ですから、視野が良い目が悪い目をカバーするため、暗転が自覚しにくいのです。緑内障でいったん見えにくい場所ができれば、そこを見えるように治すことは出来ません。見えにくい場所(暗点)が広がらないようにするのが緑内障の点眼治療なのです。視野異常の進行を目薬で押さえるのが治療ということです。緑内障手術さえすれば緑内障が治るとおもっている人がいますが、それは間違いです。何種類かの目薬で眼圧が押さえきれず、視野がどんどん悪くなる場合、緑内障の手術をします。手術は、眼圧を下げるのが目的で、緑内障がよくなることではないのです。

我々が、目薬の副作用を説明するあまり、その不快感から目薬を使わなくなる人もいます。高齢者ではうまく点眼できない、目薬の容器が硬すぎて使いにくいといった面もあるようです。私たち医療側も、薬の必要性を繰り返し説明し、治療が中断し患者さんの緑内障が悪化しないように、努力と工夫を重ねていきたいと思っています。

コラム一覧を見る

電話予約はこちら

050-5578-2780

音声のアナウンスが流れますので、案内に従って操作をお願い致します。

電話で今すぐ予約

堀田眼科

〒662-0015 兵庫県西宮市甲陽園本庄町6-44
電話・FAX:0798-70-1919  予約専用電話:050-5578-2780


診療時間

午前:9:00-12:30 午後:16:00-18:30


休診日

休診:水曜日午後、土曜日午後、
日曜祝日
※第4土曜日は終日休診


駐車場

医院1階に4台あり


詳しい地図を見る


トップに
戻る